オーマド創設物語

マーケティングのプロ(貸家経営診断士)がオーナーを全面支援する日本初のビジネスモデル マーケティングのプロ(貸家経営診断士)がオーナーを全面支援する日本初のビジネスモデル

老後の資金・相続対策・財産分割・納税資金・相続税の節税など
オーマドはオーナーの幸福の実現を支援するため、共にベストな解決策を考えます。

「住宅市場論」「貸家経営論」「税務知識」に合格した「RA経営士・中級」が誕生

オーマド(オーナーの相談窓口)では中級がオーナーを成功に導く

Story.1

営業活動によるアパート建築がもたらす現実とは?

  • 1.ハウスメーカーの営業担当は、ノルマと自社の利益のため、目の前に空き地があれば採算や利便性よりも、まずは優先的にアパート建築を薦めます。
  • 2.アパート経営の「相続税の節税効果」は建築当初が最大で、年数が経つごとに効果が薄れ、20年後は効果がゼロになります。
  • 3.よく耳にする「35年一括借上げ保証」は、サブリースで借り上げる保証であり、「家賃保証」ではありません。そのため、様々な理由によって借家人からの家賃が下がれば、当然オーナーへの家賃は下がることになります。
  • 4.「借入れが必要」というのは間違いで、建築して自己資金で建てても節税効果は全く同じです。したがって、定期預金を取り崩しても節税できるのです。金融機関はアパートローンを販売しているのです。
  • 5.残念なことに、オーナーの味方がいないまま、ハウスメーカーの営業によってアパートを建ててしまいます。

Story.2

アパート経営は失敗という結果に…

  • 1.狭いアパートは供給過剰が現実です。そのため部屋の30%が空室になり、アパート経営は失敗します。
  • 2.オーナーはアパート建築の消費者です。そのため、消費者としての保護が必要です。
  • 3.社会的に不要なアパートの建築は建築資材の無駄遣いと労務費の浪費であり、社会的な損失を防ぐ必要があります。
  • 4.ところが、一方広い面積のRAの需要は活発で、子育て世帯を中心に200万戸も不足しているのです。
  • 5.空き家があふれるアパートの時代は終わり、RAの時代が始まっています。

Story.3

オーナーを守る資格者の不在が原因

「中小企業診断士」は一般の会社の「製造・販売・情報」の経営指導を、「FP」はライフプランなど資金の運用などを、「宅地建物取引士」は売買や賃貸の仲介業務を、「賃貸不動産経営管理士」は賃貸管理業務を中心に活動しています。
このように、オーナーを守る賃貸経営のマーケティングのプロが、今まで不在だったためにおきた事態なのです。

Story.4

資格試験制度の創設

 オーナーの貸家経営についての専門の資格制度です。
 創設当初は貸家経営アドバイザーと貸家経営診断士としてスタートしましたが、平成30年5月1日よりRA経営士・初級とRA経営士・中級に改称いたしました。


くわしくは、「貸家経営塾」のHPを参照ください。

Story.5

オーマドの創設

 オーマドを創設する目的は、左の図表のとおり、オーナーの貸家経営に対する全面的な支援をすることです。
 オーマドの運営理念「オーナーの幸福の実現を支援する」者をオーマドとして認可します。
 オーマドは、貸家の建築営業ではありません。
 無料相談や立地診断の結果として、貸家を建築しないことも「オーナーの幸福の実現」になるのです。

HAPPY END.

オーマド 貸家マーケティング企画

全面支援 無料相談・土地診断・基本計画・実行計画

賃貸住宅オーナー

オーマドでの「オーナー支援の体系図」

オーナーの「幸福の実現」を支援

オーナーを失敗から守る

悩み解決 市場調査 市場調査
弁護士、司法書士、土地家屋調査士、税理士などの専門家(資格者)を紹介します。 マーケティング・リサーチ RA経営プランナー
マーケティングの実践

Housing・Marketing・Pro 貸家マーケティング企画のオーマド

よろず相談
(無料)
立地診断
家賃査定
基本計画
実行計画
(KB指導)
貸家経営診断士(RA経営士・中級)が対応
貸家経営診断士(RA経営士・中級)の試験の概要(詳細はHP
試験科目は3科目 受 験 方 法
「住宅市場論」20問
「貸家経営論」20問
「税務知識」20問
  • 1.一般試験は全国250のテストセンターの会場と希望の日時を選んで受験ができます。
  • 2.資格認定講座は自宅や職場で受験ができます。
資格認定団体・一般社団法人 貸家経営塾検 索